1. トップページ
  2. ファンデーションが持つようにするための対策と効果

ファンデーションが持つようにするための対策と効果

【使用ファンデ種類】リキッド+パウダー40代・女性

洗顔後、化粧水や美容液などで保湿をしっかり肌をととのえ、手のひらで顔を温めるように抑えながら、洗面所で脚の屈伸、腕を伸ばして全身の伸びしてから顔からデコルテにかけてリンパを流すようにして優しくマッサージしています。血色が良くなるように思います。

【使用ファンデ種類】リキッド+パウダー40代・女性

化粧水・軽めの美容液をそれぞれ時間をかけてつけてしっかり肌になじませてから下地クリーム・ファンデーションをのせます。冬場や冷房等乾燥が気になる時期にはワセリンを使うこともあります。ワセリンはつけすぎるとべたついてよれの原因になりますのでほんの少しつけるようにしています。

【使用ファンデ種類】クッションファンデ+パウダー40代前半・女性

下地は保湿クリームタイプの物をしっかりと肌になじませます。クッションファンデを使っていますがどのファンデーションでも塗るときにはスポンジや筆を使わずに指先のとり全体に伸ばしてファンデーションが入り込みやすい目の下や小鼻の脇は指をあててファンデーションを溶かしています。どうしてもムラになってしまった部分だけ筆を使って修正しています。

【使用ファンデ種類】リキッド+パウダー27歳・女性

きれいに塗りたいときは乳液と下地をしっかりとおこなってからにしています。お気に入りのものがあって、それ以外を使うとよれてしまうので他に変えたことがないです。少し高めなのでもう少し安い製品があればいいな、と思ったりします。あとはテスターを色々使って試してみたい。

【使用ファンデ種類】リキッド+パウダー40代・女性

ファンデーションを綺麗に塗る為に、心がけていることは肌の保湿です。毎日の洗顔後には必ず保湿力の高い化粧水を手に取り、肌にたっぷり馴染ませるようにしています。外からの保湿も大事ですが、身体の内側からも肌には大事なので、ビタミンなどの豊富なフルーツ類は毎日の食事でなるべく摂るようにしています。不満点としては、自分に合う化粧水が中々見つからず、毎回いろんなメーカーの物を試しています。

【使用ファンデ種類】クリームタイプ30歳・女性

全体にムラなくファンデーションをのせるために、メイクを落とした後のケアに気を使っています。化粧水とクリームで念入りに保湿し、リンパ腺もマッサージします。お風呂上がりから肌の蒸発が始まるので、すぐにケアします。

【使用ファンデ種類】リキッド50代・女性

基礎化粧品で肌をしっとりとさせるように努めています。また、ファンデーションを塗るときには指先でつけるのではなく、ファンデーションブラシを使って塗るようにしています。ファンデーションブラシを使うと割と綺麗に乗ります。

【使用ファンデ種類】リキッド25歳・女性

時間をかけて丁寧に保湿をしてから下地をつけると、ファンデーションもよく伸び、薄く塗れます。ですが毎朝そこまで時間をかけられないので、仕事の日はニベアクリームを薄く塗って軽くティッシュで押さえてからファンデーションを塗ります。

【使用ファンデ種類】クリーム+パウダー37歳・女性

まず洗いすぎないようにしています。そして使用する洗顔料などはなるべく肌に優しそうな物を使うように心がけています。また、洗顔後はできるだけすぐに基礎化粧品で乾燥させないように注意しています。洗顔料が肌に優しいものを使っているため、小鼻の周り等に汚れが残ってしまっているのが不満です。

【使用ファンデ種類】リキッド+パウダー40代・女性

私は、ファンデーションをきれいにぬるために、普段からしわをなくすための顔の運動をしております。なかなか効果は出てきませんが、それでも継続することが大切だと思い、お風呂上りに15分ほど顔を動かす体操をしております。

Copyright (C) 2017 ファンデーションのりを良くするヒント All Rights Reserved.