1. トップページ
  2. いつか?ファンデーションのノリが悪くなった

いつか?ファンデーションのノリが悪くなった

【使用ファンデ種類】リキッド+パウダー40代・女性

子育てが始まってその子が小学校に上がるくらいまでの期間に、外遊びなどで陽射しを多く浴びてしまった頃からです。もちろん、帽子にUV手袋、日焼け止め、日傘を駆使し頑張っていたのですが。20代まではたまご肌なんて時々言われていた肌も、30代では全く言われなくなり、40代の今では今では乾燥くすみ肌です。

【使用ファンデ種類】リキッド+パウダー40代・女性

20代のころはパウダーファンデーションを使っていましたが特にテクニックも必要なくさっとパフをすべらせるだけで薄づきできれいな肌に仕上がっていました。40代に入ったころから次第にパウダーファンデーションのノリが悪くなり、その頃からリキッドファンデーションに切り替え、つける際の手順も増えたように感じます。ノリの悪さは加齢による乾燥と目元・口元の小じわなどが原因のように思います。

【使用ファンデ種類】クッションファンデ+パウダー40代前半・女性

30代に入ったころから乾燥しやすい肌がより乾燥し始め出産後だったこともあり肌の状態はどんどん悪化していきました。とにかく潤いがなく乾燥している肌ではファンデーションは上手く肌に乗らず塗ることはできないと思います。

【使用ファンデ種類】リキッド+パウダー27歳・女性

妊娠して、肌の様子が変わってから塗りにくくなりました。乾燥をよくするようになったのと、ニキビがとても増えました。そのせいもあるのかもしれません。リキッドとパウダリーを併用しないと化粧が完成しなくなりました。パウダリーだけだと、水分を入れてあげないとごわごわとします。

【使用ファンデ種類】リキッド+パウダー40代・女性

ファンデーションが上手く伸びないと感じるようになったのは、30代後半位の頃からです。年齢のせいか、肌のターンオーバーの周期が長くなり、肌のキメも粗く感じるようになることが多くなったように思います。運動不足のせいか、代謝も悪くなったのも原因の一つだと感じています。

【使用ファンデ種類】クリームタイプ30歳・女性

年齢とともに肌のハリやキメの細かさがなくなってきました。30歳になってからです。ファンデーションを塗っても、すぐによれたり、小じわに入り込んで逆にシワが目立ったりすることが増えてきました。特にほうれいせんが気になります。

【使用ファンデ種類】リキッド50代・女性

たまにファンデーションのノリがいいと感じることもあるのですが、2年くらい前からファンデーションのノリが悪いと感じる回数が多くなったようです。原因は肌の乾燥ではないかと思っています。肌が乾燥してガサガサになるのです。

【使用ファンデ種類】リキッド25歳・女性

23歳から感じるようになりました。それからどんどん伸びが悪く感じたり、乗りが悪くなりました。高校生の頃はお化粧したまま寝てしまっても全然平気でしたが、最近はうっかり落とし忘れて寝てしまったら肌荒れがすごくなりました。乗りを悪くしている原因は、食生活の乱れと睡眠不足と保湿が足らないのかなと思います。

【使用ファンデ種類】クリーム+パウダー37歳・女性

30代に突入した頃からだと思います。それまではどれだけ暴飲暴食、睡眠不足、喫煙等肌に悪そうな事をしてもピーンとした肌だったのが、30代になってからと言うもの、その全てを止めたにも関わらず、肌状態はインナードライ状態でピーンとしたあの頃の肌とは違います。これはきっと肌が水分を保持する力が足りないからなのでは?と自分では思っています。

【使用ファンデ種類】リキッド+パウダー40代・女性

私のファンデーションのぬりが悪くなったのは30歳を越えたあたりからです。しわが徐々に増えていき、ファンデーションが均一にぬれなくなってきたためです。また、しわ以外にも肌が昔に比べ乾燥していることも原因と考えております。

Copyright (C) 2017 ファンデーションのりを良くするヒント All Rights Reserved.